東洋経済online記事 背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身 を読んで思うこと

生活情報
【画像引用:イラストAC/R&Mさん】

東洋経済onlineの記事

背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身

を読んで 思うことです

また参考にされている書籍は

下リンクから購入できます

背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身

東洋経済onlineの記事で

背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身

というものがあり、

気になり読んでみました

高校生の息子がなかなか身長伸びないので

気になりますよね

(私と同じぐらの身長なので

 もう これ以上伸びないかもしれませんが)

背が伸びない中高生に多い「NGな睡眠習慣」の中身 内容

記事の主な内容は

背を伸ばすためには
身長を伸ばすように指示を出す
【成長ホルモン】【甲状腺ホルモン】
が必要

と書かれています また

これらのホルモンに欠かせないものとして
 栄養
 睡眠
があげられています
【画像引用:イラストAC/gontyanさん】

2つのホルモンの分泌を促し 上手に背を伸ばすには

2つのホルモンの分泌を促し

上手に背を伸ばすには

1.上質な眠り
2.脳神経回路への過度のストレスを避ける
3.適度な運動

が必要だそうです

上質な眠り

上質なねむりのためには

夜0時には寝て過ごすことが良いようです

しかし 高校生ぐらいになると

部活動が終わり・塾に行って・自宅で勉強と

毎日 夜0時に寝るのは難しいと思います

そこは、できるだけ早く寝る

週何日かは早く寝るなどの妥協が必要そうです

脳神経回路への過度のストレスを避ける

脳神経回路への過度のストレスは

  • パソコン・スマホ の電子画面の視覚刺激
  • くよくよ悩む

などだそうです

現代の子どもに電子画面を見せない日は

作れないと思うので、

こちらも妥協点を見つけるなどの対処が必要そうです

また、

くよくよ悩む のは しょうがないので

これは置いておくことになりそうです

適度な運動

部活動で体育会系であれば

毎日の運動は確保しやすそうです

文科系なら自分で運動を管理する必要があります

【画像引用:イラストAC/ミミクリさん】

成長ホルモン を 効率よく分泌するには

背を伸ばすために必要な

成長ホルモン を 効率よく分泌するには

夜 暗いところで 眠る

ことだそうです

細かな説明が知りたい方は

下にまとめていますので確認してください

ホルモンの中枢司令塔である

脳の下垂体や視床下部は

視神経の先端を取り囲むようにして

格納されています

視神経に直結しているのです

目(網膜)に光が当たれば

視神経は緊張し

目が暗さの中にあれば

視神経は緊張から緩和されます

この視神経の緊張と緊張緩和が

ホルモンの中枢司令塔に刺激を与えて

そのときにふさわしいホルモンの分泌へと切り替わります

※ 真夜中、目が光の刺激から解放されると

  成長ホルモンへ分泌命令が出されます

結局 背を伸ばすためには

結局背を伸ばすためには

よく言われている 規則正しい生活

が必要なのですね

よく寝て よく食べて よく運動する

これが基本ですね

あと スマホなども 使用時間を決めて

適度に使用するのが望ましいですね

スポンサーリンク
RENOSY(リノシー)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました