「Chrome OS Flex」を活用・できること

お値打ち・低価格パソコンのすすめ(Chrome OS Flexを活用) 生活情報
画像 by せはろ

「Chrome OS Flex」を活用・できることを調べました。

「Chrome OS Flex」とはGoogleが提供しているOSです。(OS:Operating System  パソコンなどを操作する最も基礎のソフトウェア。Windows,Linux,Android,iOSなどがあります)

「Chrome OS Flex」を活用することで、下の2つが可能となります。それは

  • 低スペックパソコンでも快適に使用できる
  • 無料で使用できる

です。お金・資産を有効に使うことができるのが「Chrome OS Flex」の特徴でメリットです。

「Chrome OS Flex」は低スペックパソコンでも快適に使用できる

Windowsパソコンを使用していると、Windowsが新しくなると、パソコンのスペックをアップグレード・パソコンの買い替えをしないと使えなくなってしまう場合があったりします。

そのような場合、Windowsパソコンでは、パソコンのアップグレード・パソコンの買い替えが必要になってしまいしますが、「Chrome OS Flex」の場合は、必要スペックが低いのでWindowsでは使用できなくなった古いパソコンを使用できてしまいます。

「Chrome OS Flex」デバイスの最小要件は下表の内容です。

書いている内容が難しいものもありますが、

2010年以降のパソコンであれば

だいたい使用できると思います。

パソコンの種類は、

WindowsでもMacでもどちらでも

使用することができます。

項目内容
アーキテクチャ(CPU)Intel または
AMD x86 の 64 ビット互換デバイス
RAM(メモリ)4GB
内部ストレージ
(HDD,SSDなど)
16GB
起動デバイスUSB ドライブからの起動をサポート
BIOSすべての管理者権限 – 問題が発生した場合、
管理者は Chrome OS Flex USB インストーラから
起動して BIOS で設定する必要があります。
プロセッサ
グラフィック
2010 年より前に製造されたコンポーネントは、
動作が不安定になる可能性があります
注: Intel GMA 500、600、3600、3650 のグラフィック ハードウェアは、Chrome OS Flex のパフォーマンス基準を満たしていません。

私が「Chrome OS Flex」を試したパソコンの一覧(大まかなスペック)です。

メーカー型式発売年CPUメモリ内部ストレージその他
TOSHIBAPR734MAA137AD712014年Core i5 4310M
2.70GHz
8GBHDD
300GB
私のメインPC
VAIOVJP132C11N2016年Core i5 5200U
2.2GHz
4GBSSD
128GB
UNITCOMW310CZ2013年Celeron 1037U
1.8GHz
4GBHDD
500GB
NECVK18EA-G2013年Celeron 1000M
1.80GHz
4GBHDD
300GB
記事「インストール・動作確認
で実際にインストールし
動作確認済み
ACERAO1-132-H14N/W2017年Celeron N3060
1.60GHz
4GBeMMC
32GB
UNITCOMW515LU2016年Celeron N3150
1.6GHz
2GBHDD
500GB
HPProBook 4520s2010年Core i3-M350 2.27GHz4GBHDD
250GB
記事「インストール・動作確認
で実際にインストールし
動作確認済み
2022/09/22時点の情報

上表のお試しパソコンでは「Chrome OS Flex」をインストールせず、USBインストーラのライブオプション( USB インストーラを使用して 「Chrome OS Flex」を一時的に実行できる機能)でお試ししています。(一部パソコンに関しては後日実際にインストールもしています)

この方法(USBインストーラのライブオプション)を使用すると、

パソコンに「Chrome OS Flex」をインストールすることなく

USBインストーラから直接OSを操作することができます。

このことで、ネットワーキングや入力ツールなどの

デバイスの機能が想定どおりに動作するかどうかを

事前にテスト、検証できます。

しかし、USBインストーラから「Chrome OS Flex」を操作した場合、パフォーマンスとストレージに制限がありますので、最適な動作を確認することはできません。また、自動更新や管理を目的としたデバイスの登録はサポートされていませんので、常時使用するには適していません。

今回のお試しは、パフォーマンスに制限がかかった状態ですが、

どのパソコンも起動時間が速く動作も機敏でした。

私はいつも上表のWindowsパソコン(私のメインPC)で

ブログを書いていますが、

今回は「Chrome OS Flex」を

USBメモリ上で起動した状態ののお試しで、

このブログを書いています。

ブログを書くのはいつもChromeブラウザを使用しているので、

特に違和感なくブログを作成することができています。

一部ハードウェアが認識できなかったものがありましたが、

それは後半で説明します。

パソコンを変更してもUSB インストーラに私の環境が保存されていたので、設定を省略して使用できました。外出先で簡易的に自分の環境を使用したい場合などにもこのUSBイストーラが有効活用できそうです。

その他は、デバイスの最小要件にメモリ:4GBと記載ありますが、2GBのパソコンでも問題なく使用できると考えの入手し試しました。

メモリが2Gでも起動が遅くなったり

起動しないとかはないです。

WEBブラウザの消費メモリがそんなに多くないようですので、スムーズに起動してくれます

ただ、このブログを編集しながら、

youtubeで音楽を聞きながら、

WEBブラウザで調べ物をしながら、

ヤフオクで値段調査していると

処理が重くなりyoutubeがとぎれとぎれになったり

webブラウザで新しいタブの起動がおそくなりました。

ちょっと負荷を重くしようとして、並行処理を多くしていくと処理が遅くなりますが、それでパソコンが落ちてしまうことはないです。タブ数を減らしたりすると元の処理に戻りました。

不要なタブなど、適度に閉じて使用することで

通常使用ではまったく問題なく使用できそうです。

「Chrome OS Flex」は無料で使用できる

Windowsはソフトウェアを購入する必要があります。(最近はパソコンを購入するとWindowsがセットで入ってきますが、昔は単体で販売されていたのを購入してインストールなんかも結構ありました)

「Chrome OS Flex」の場合は、

Chromeブラウザの、ChromeWebストアの「Chromebookリカバリユーティリティ」から

ChromeWebストア

インストールメディア(8GB以上のUSBメモリ)を作成すれば無料で使用することができます。

Chromebookリカバリユーティリティ

パソコンとChromeブラウザと8GB以上のUSBメモリがあれば、

簡単にインストールメディアを作成することができます。

とても簡単でパソコンの基本的な操作ができる方であれば

問題なく作成できると思います。

「Chrome OS Flex」は具体的に何ができるのか

「Chrome OS Flex」は具体的に何ができるのかについて説明します。

Chromeの名前が付いているので予想通り、Chromeブラウザができることは基本的にできます。
 Google検索
 Gmail
 youtube
 Googleドライブ
 Googleカレンダー
 Googleフォト
 Chromeウェブストア
等いろいろあります。

下のイメージは、「Chrome OS Flex 」ツールのアイコンです。

アイコン自体は、Androidスマホのようなイメージでわかりやすいと思います。

Chrome OS Flex ツール1
Chrome OS Flex ツール2


もちろん他のデバイス(パソコン、スマホ)などの設定と同期することもできます。

パソコン内のファイルを操作することも可能です。WEBからファイルをダウンロードすることもできますし、パソコン画面のスクリーンショットを保存することも可能です。

Chrome OS Flex トップ画面スクリーンショット

USBメモリも認識してくれるので、データのやり取りをUSBメモリで実際に行うことも可能です。USBメモリもフォーマットすることもできるので新しくUSBメモリを使用することも問題なくできます。

下のイメージは、「Chrome OS Flex」 ファイル操作画面です。

ダウンロードフォルダ内にファイルが保存されていきます。

Googleドライブも操作も普通のパソコンのフォルダ感覚で操作できます。

Chrome OS Flex ファイル操作画面

ChromeウェブストアからLINEアプリをインストールして

LINEを使用することも可能ですので、

スマホを使用せずに簡単に連絡することができます。

Chromeウェブストア画面

「Chrome OS Flex」を使用して気づいたこと

「Chrome OS Flex」を使用して気づいたこと

私のようにパソコンの使用目的が
 WEB検索
 youtube
 Mail
 ネットショッピング
 ブログ
ぐらいだと、

WEBブラウザ(chromeブラウザ)で

全て完結してしまうので

全く違和感なく使用できます。

ハードウェアもパソコン内蔵のものは、自動で認識してくれるので問題ないのですが、bluetoothマウスを別で購入して使用していたのが使えませんでした。bluetooth自体のドライバは正常に起動していたので、bluetoothマウスのドライバが対応していない可能性がありますが、少し調べれば使えるようになるかもしれません。今回はパソコン内蔵のタッチパッドと有線USBマウスで動作確認をおこなったので、それ以上は調査しませんでした。

「Chrome OS Flex」はこんな方におすすめ

”お値打ち・低価格パソコンのすすめ”は「Chrome OS Flex」を活用するなのですが、特におすすめするのはこのような方です。

古いパソコンを有効活用したい方
パソコンへのお金を極力減らしたい方
WEB検索を主に使用される方
Youtubeを主に使用される方
ネットショッピングを主に使用される方
メールチェックを主に使用される方
ブログ作成を主に使用される方
Googleが好きな方

上の内容に当てはまる方は、「Chrome OS Flex」に適している方です。「Chrome OS Flex」を使用することで、価格・機能の満足を得られると思います。

Windowsパソコンは高額になることがあるので、自分に適したパソコンを選択するためにも「Chrome OS Flex」を選択肢の一つに入れることをお勧めします。

実際パソコンのHDD・SSDにインストールした報告

実際のパソコンのHDD・SSDに「Chrome OS Flex」をインストールした報告です

パソコンは  2013年製

 メーカー:NEC

 CPU:Celeron 1000M 1.80GHz

 メモリ:4GB

 ストレージ:HDD300GB

 有線・無線LAN:あり

 DVD :あり

です

記事「インストール・動作確認」で

紹介しています

パソコンは  2010年製

 メーカー:HP

 CPU:Core i3-M350 2.27GHz

 メモリ:4GB

 ストレージ:HDD250GB

 有線・無線LAN:あり

 DVD :あり

です

記事「インストール・動作確認」で

紹介しています

USBインストーラのライブオプション( USB インストーラを使用して 「Chrome OS Flex」を一時的に実行できる機能)で問題なく動作確認しまし、実際のパソコンのHDD・SSDに「Chrome OS Flex」をインストールした結果をまとめています

どれも問題なく動作していて、動作速度も問題ありません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました