FP技能士資格取得へ「自分の試験勉強記録」(2022/03/01)

FP技能士 資格取得を目指します FP技能士
画像 by せはろ

FP技能士(3級)資格取得を目指します。そのために、まず「自分の試験勉強記録」をまとめました

(※)FP技能士資格取得に向けて(FPとは?試験への準備は?) をまとめました

FP技能士資格取得へ「自分の試験勉強記録」

FP技能士資格取得へは、FP技能士資格取得へ「試験への準備」をまとめで決定した下の【テキスト・問題集】で進めて行きます。

【テキスト・問題集】ネットで検索、実際の書店で中身を見てこれを選択しました

  • 表現が簡潔で見やすかった
  • テキスト+問題集の形でスッキリ
  • 内容が絞られていると感じた

オンライン講座【スタディング】も2/19から始めました。オンライン講座【スタディング】に興味のある方はこちらにまとめていますので参考にしてください。

【テキスト・問題集】 スッキリわかる FP技能士3級で勉強

本日 2022/03/01 は問題を中心に進めます

RES_LOG
画像:うちのこ

第3章で昨日まで、できなかった問題を再度やり直しました。

今日は第3章 金融資産運用

預金等の金融商品 をすすめます。問題を解く前に「預金等の金融商品」のポイントです。

預金等の金融商品の特徴

種類金利特徴
普通預金変動いつでも出し入れできる
決済用預金
無利息普通預金
無利息無利息・要求払い・決済サービスを提供できる
の3条件を満たす預金。
預入先の金融機関が破綻しても全額保護
総合口座変動普通預金に定期預金や公社債がセットされた口座
スーパー定期固定代表的な定期預金
大口定期預金固定預入額1,000万円以上の定期預金
金利は相対で決定
期日指定定期預金固定据置期間1年。1か月前に満期日を指定すれば
ペナルティなしで 解約できる
変動金利
定期預金
変動一般に6カ月ごとに金利が見直される定期預金

外貨建て金融商品

為替手数料は取扱金融機関により異なる

種類特徴
外貨預金米ドル・豪ドル・ユーロなど外国の通貨で行う預金
為替レート外貨建て金融商品を取引する際に適用されるレートは
 TTS:援護がいかに換えるレート
 TTB:外貨を円に換えるレート
外貨建てMMF外貨建ての短期債券などで運用されるMMF
株式は組み入れない。毎日決済。毎月末に分配金が再投資
MMF(Money Management Fund):国内外の公社債やCP(コマーシャルペーパー)、CD(譲渡性預金)等の短期の金融商品を中心に運用する、追加型公社債投資信託のこと。株式は一切組み入れず、リスクを少なくして安定した利回りを目標とするファンド

金融商品の単利と福利の計算

単利:常に当初預けた元本を基準として利息を計算

複利:常に利息を加えた新しい元本を基準として利息を計算

種類100万円を5%で2年の場合
単利100万x(1+0.05x2年)=110万円
複利100万x(1+0.05)^2=110万2,500円
RES_LOG
画像:うちのこ

明日も引き続き 第3章 金融資産運用 実際の問題をすすめます



オンライン講座【スタディング】 受講し始めました

毎日忙しく、勉強時間も予定より多くとれないことが多いので、通勤などのスキマ時間にスマホで勉強できるスタディングを受講し始めました

テキストで独学していた内容をスタディングの動画講座で再確認できます。そしてスマホでそのまま問題を解くので内容の確認もできて良いですね。興味を持たれた方は下のリンクから確認してみてください。

スタディングについて調査・まとめました。ぜひ下のリンク先を参考にしてください

スタディング 資格取得を目指す方におすすめ 低価格・効率的に勉強ができて モチベーションも維持できる 通信講座です
スタディング 資格取得を目指す方におすすめ 低価格・効率的に勉強ができて モチベーションも維持できる 通信講座です こんなに 低価格なのに インプット・アウトプットが充実していて そして 同じ目標に向かう勉強仲間が資格合格へのモチベーション維持も期待できます

スタディングの口コミについて調査・まとめました。ぜひ下のリンク先を参考にしてください

スタディング 口コミをまとめた結果 おすすめするのはこのような人です
スタディングの資格合格メソッド世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段になり、資格取得をサポートすることで、皆様の持っている可能性を最大限に引き出すことです。を目指すオンライ教育です。そのスタディングメソッドに対して口コミ(世
スポンサーリンク
RENOSY(リノシー)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました