FP技能士資格取得へ「自分の試験勉強記録」(2022/02/23)

FP技能士 資格取得を目指します FP技能士
画像 by せはろ

FP技能士(3級)資格取得を目指します。そのために、まず「自分の試験勉強記録」をまとめました

(※)FP技能士資格取得に向けて(FPとは?試験への準備は?) をまとめました

FP技能士資格取得へ「自分の試験勉強記録」

FP技能士資格取得へは、FP技能士資格取得へ「試験への準備」をまとめで決定した下の【テキスト・問題集】で進めて行きます。

【テキスト・問題集】ネットで検索、実際の書店で中身を見てこれを選択しました

  • 表現が簡潔で見やすかった
  • テキスト+問題集の形でスッキリ
  • 内容が絞られていると感じた

オンライン講座【スタディング】も2/19から始めました。オンライン講座【スタディング】に興味のある方はこちらにまとめていますので参考にしてください。

【テキスト・問題集】 スッキリわかる FP技能士3級で勉強

本日 2022/02/23 は問題を中心に進めます

RES_LOG
画像:うちのこ

第2章で昨日まで、できなかった問題を再度やり直しました。

今日は第2章 リスク管理

生命保険に関する税金 の問題も行いました。問題を解く前に「生命保険に関する税金」のポイントです。

保険料に関する税の優遇

保険種類対象控除限度額
一般の生命保険料控除生命保険会社との保険契約
JAなどの生命共済など
所得税:40,000円
住民税:28,000円
介護医療保険料控除介護保障または医療保障を内容とする
主契約・特約に係る支払い保険料等
所得税:40,000円
住民税:28,000円
個人年金保険料控除年金受取人が契約者本人か配偶者
一時払いの個人年金保険料は一般の生命保険料控除
所得税:40,000円
住民税:28,000円

保険金にかかる税金

  死亡保険にかかる税金、個人が死亡保険金を受取った場合、相続税・所得税・贈与税 いずれかの対象となる

項目内容
相続税の課税を
受ける場合
契約者=被保険者の場合
遺族が受け取る死亡保険金→相続税
相続人が受け取った保険金には
「500万円x法定相続人の数」の非課税枠がある
所得税の課税を
受ける場合
契約者=受取人の場合
受取る死亡保険金→一時所得として 所得税・住民税
贈与税の課税を
受ける場合
契約者・被保険者・受取人 それぞれ異なる場合
受け取る死亡保険金→贈与税
その1年間に贈与された他の財産と合算され、
その合計から110万円の
基礎控除額を差し引いた部分に課税

満期保険金・解約返戻金・給付金にかかる税金

満期保険金
解約返戻金
契約者=受取人の場合 一時所得として総合課税
ただし、一時払養老保険を加入後5年以内の
    満期や解約した場合の差益は源泉分離課税
契約者・受取人が異なる場合 贈与税
非課税財産の
給付金・保険金
入院・手術・高度障害給付金など
ケガ・病気等の出費を補填する給付金は「非課税」
受取人が家族などの被保険者でなくても「非課税」
RES_LOG
画像:うちのこ

明日も引き続き 第2章 リスク管理 実際の問題をすすめます

オンライン講座【スタディング】 受講し始めました

毎日忙しく、勉強時間も予定より多くとれないことが多いので、通勤などのスキマ時間にスマホで勉強できるスタディングを受講し始めました

テキストで独学していた内容をスタディングの動画講座で再確認できます。そしてスマホでそのまま問題を解くので内容の確認もできて良いですね。興味を持たれた方は下のリンクから確認してみてください。

【スタディング公式】無料で試す

スポンサーリンク
RENOSY(リノシー)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました