FP技能士資格取得へ 「自分の試験勉強記録」(2022/02/11)

FP技能士 資格取得を目指します FP技能士
画像 by せはろ

FP技能士(3級)資格取得を目指します

そのために まず

「自分の試験勉強記録」をまとめました

FP技能士資格取得へ 「自分の試験勉強記録」

FP技能士資格取得へ 「 自分の試験勉強記録 」 は

下リンクで調査して決定した



【テキスト・問題集】で進めて行きます

「 自分の試験勉強 」 を進める

「 自分の試験勉強 」 スッキリわかる FP技能士3級 

「 自分の試験勉強 」  本日 2022/02/11 は

スッキリわかる FP技能士3級

今日から 問題を中心に進めます

RES_LOG
画像:うちのこ

第1章 ライフプランニングと資金計画

気になった問題

弁護士資格を有しないFPが
財産管理について相談を受けた顧客本人の求めに応じ
その顧客の任意後見受任者になることは
弁護士法に抵触する?
  → 任意後見人になるのは特別な資格不要
2000万円を準備するため20年間
毎年均等に積立 年利1%で複利運用する場合
必要となる積立金額は?下の係数を使用して算出
  原価係数  :0.8195
  減債基金係数:0.0454
  年金原価係数:18.0455
  → 年利0%なら 2000万÷20年=100万/年
    年利1%なので 1÷20年=0.05 より少ない係数となる
    2000万x0.0454=90.8万 となる
年利2%で複利運用しながら10年間
毎年50万円ずつ積立た場合
10年後の元利合計金額は?下の係数を使用して算出
  終価係数  :1.2190
  年金原価係数:8.9826
  年金終価係数:10.9497
  → 年利0%なら 50万x10年(10倍)
    実際は年利2%なので 10倍より少し大きい係数を使い
    50x10.9497=547.485万 となる
年利3%の複利で6年間 毎年40万円を返済する
自動車ローンを組み場合
借入可能額は? 下の係数を使用して算出
  年金原価係数:5.4172
  年金終価係数:6.4684
  終価係数  :1.1941
  → 年利0%なら 40万x6年(6倍)
    実際は年利3%なので
    6倍より少ない金額しか借りられない
    40万x5.4172=216.688万 となる
元金3000万円を年利1%で複利運用しながら
15年間均等に取り崩して受け取る場合
毎年の受け取り金額は?下の係数を使用して算出
  終価係数  :1.1610
  減債基金係数:0.0621
  資本回収係数:0.0721
  → 年利0%なら 3000万÷15年=200万
    実際は年利1%なので 1÷15万=0.066・・
    0.066より大きくなるので
    3000万x0.0721=216.3万 となる

原価係数

 将来必要金額を得るために

 一定の利率で運用する場合の現在の必要金額

 現在の必要金額 = 将来の必要金額 x 原価係数


減債基金係数

 目標額を貯めるために必要な毎年の積立額

 毎年の必要積立額 = 将来の目標金額 x 減債基金係数


年金原価係数

 目標年金額を受取るために必要な年金資源

 必要な年金原資 = 毎年の受け取り年金金額 x 年金原価係数


終価係数

 現在の額を一定の利率で運用した場合の将来の額

 将来の額 = 現在の額 x 終価係数


年金終価係数

 毎年の積立額から将来の積立合計を求める

 将来の積立額合計 = 毎年の積立額 x 年金終価係数


資本回収係数

 保有資産額から毎年の年金として受け取れる額

 毎年の受取年額 = 保有資産額 x 資本回収係数

RES_LOG
画像:うちのこ

明日も引き続き

第1章 ライフプランニングと資金計画

実際の問題をすすめます

参考書籍

【テキスト・問題集】

ネットで検索、実際の書店で中身を見て

これを選択しました

理由 1.表現が簡潔で見やすかった

   2.テキスト+問題集の形でスッキリ

   3.内容が絞られていると感じた

テキスト・問題集 が別々の方が

内容が深く理解できる部分があるかもしれませんが

必要十分な情報があればいいと思います

スポンサーリンク
RENOSY(リノシー)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました