古事記 上巻 主な出来事の紹介2

starry sky 書籍
Free-PhotosによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

古事記に関する本

タイトル

  • 古事記 (マンガでさきどり古典)

著者

  • 森有子

マンガなので とてもサクサクよめました


 上巻(神の時代の物語)の

 主な出来事で

 印象に残っているものをまとめます。

スポンサーリンク

出雲国で大活躍 スサノオノ命

 高天野で暴れたスサノオノ命は、

 結局、

 高天野を追い出されてしまいます。

 追い出されたスサノオノ命は、

 アシナズチ と テナズチ の娘

 クシナダ姫 を気に入り

 クシナダ姫を食べにくる

 ヤマタノオロチ を

 退治することになります。

スポンサーリンク

ヤマタノオロチ お酒に目がなく あっけなく

 このヤマタノオロチ退治の話自体は、

 大変有名で 酒をたらふく飲ませて

 ヤマタノオロチ を退治します。

 これで スサノオノ命は、

 クシナダ姫 と結婚できます。

 また、

 ヤマタノオロチ の

 しっぽを切った時に剣が出てきます。

 これが 三種の神器の一つの

 あめのむらくものつるぎ です。

スポンサーリンク

ヤマタノオロチ は 八つの頭を持った蛇 

 ヤマタノオロチ は

 八つの頭をもった蛇とされていますが、

 この書籍では、

 数々の支流に分かれる大きな河川

 のことを表していると

 記載されています。

 台風などの自然災害で

 稲の田におそいかかる洪水

 をヤマタノオロチという

 蛇にたとえたそうです。

 自然のおそろしさから、

 稲田をまもることのできた

 人間の知恵の勝利を示しているそうです。

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました