古事記 上巻 主な出来事の紹介1

starry sky 書籍
Free-PhotosによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

古事記に関する本

タイトル

  • 古事記 (マンガでさきどり古典)

著者

  • 森有子

マンガなので とてもサクサクよめました


上巻(神の時代の物語) の

主な出来事で

印象に残っているものをまとめます。

スポンサーリンク

地上に国(日本)を生み出した神

 地上に国を生み出した

 イザナギノ神(男) と

 イザナミノ神(女) の話です。

 天と地がはじめてわかれ、

 天上の高天原に

 アメノミナカヌシノ神が生まれた。

 その後、十人の神々があらわれ、

 最後に生まれたのが

  イザナギノ神(男)

  イザナミノ神(女) でした。

 このふたりの神さまが、

 地上の海原にひとつの島を作りました。

 アメノミナカヌシノ神からもらった

 矛 で海原をかき回して

 最初にできた島が

 オノゴロ島と記載されています。

 この島は 淡路島 のことです。

スポンサーリンク

島・神々を産むってすごくない? 

 淡路島に神殿をつくり、

 二人の神が結婚して

 淡路島以外の

 日本の島々(八つの島:大八洲国)を

 イザナミノ神(女)が生んでいきます。

 また、三十四人神々も生み続けました。

 三十五人目の火の神を生んだ時、

 イザナミノ神(女)が死んでしまいます。

 これを怒ったイザナギノ神(男)が、

 火の神を切ってその時に

 剣の神、竜の神などがうまれました。

スポンサーリンク

イザナギノ神(男)は地の底の黄泉国へ 

 死んでしまったイザナミノ神(女)を

 諦められないイザナギノ神(男)が

 地の底の黄泉国に

 イザナミノ神(女)に会いに行きます。

 すんなり、会うことができたのですが、

 イザナミノ神(女)は、

 黄泉国の食べ物を口にしてしまっていたため、

 昔とは変わり果てた姿となっており、

 その姿を見られたイザナミノ神(女)が怒り

 イザナギノ神(男)も黄泉国に閉じ込めようとします。

 (このあたりは、

  ギリシャ神話の農耕の神ペルセポネに近い話ですね)

 しかし、イザナギノ神(男)は

 ”かずら”、”くし”、”もも”を投げて

 黄泉国の追っ手から

 逃げ切ることができました。

(かずら:つる草などを輪にして、髪のかざりにしたもの)

ギリシャ神話については

下のリンクを参考

スポンサーリンク

イザナギノ神(男)は一人でも神様を生むことができました

 黄泉国から戻ったイザナギノ神(男)は

 川で みそぎ を行い

 水しぶきの中から三人の神が生まれました。

 それが

  •  アマテラス大御神
  •  ツクヨミ
  •  スサノオノ命

 です。

 この

 アマテラス大御神 と

 スサノオノ命 の対立が

 物語を進めます。

 ツクヨミ はあまりでてきません

続きは下リンク参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました