古事記 上巻 読んで さわり部分の紹介

starry sky 書籍
Free-PhotosによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

神話は、どの国のものでも面白い物語

神話は

どの国のものでも面白い物語です

神話は実際面白いので、

今まで語りつがれています。

  • ビデオゲーム
  • 映画
  • マンガ・アニメ

などによく採用されています

メジャーな 

ギリシャ神話・北欧神話

に関する本は何度か

読んだことはありました。

ただ、

今まで古事記に関する本は

読んだことはなかったです。

  • アマテラス大御神
  • ツクヨミ
  • スサノオノ命
  • 因幡の白兎

等は

一般知識としては知っていましたが

何となく知っているのですが、

誰かに説明してと言われると

かなり怪しい内容になりそうです

スポンサーリンク

古事記に関する本を読んでみました

それで思い立って、

古事記に関する本を読んでみました

 読んだといっても、

 マンガの古事記が目に入り

 読みやすそうと思った訳で・・・

タイトル

  • 古事記 (マンガでさきどり古典)

著者

  • 森有子

マンガなので とてもサクサクよめました

スポンサーリンク

古事記の主な流れ

この書籍は

古事記の

 上・中・下 の三巻のうち

上巻の 神の時代(神話)

について書かれています。

上巻の 主な流れは

 1.イザナギノ神 と イザナミノ神

   が地上に国を生み出した

 2.イザナミノ神の死 

   → 黄泉国 から帰還した 

 3.イザナギノ神のみそぎ

   → アマテラス大御神

     ツクヨミ

     スサノオノ命 の誕生

 4.アマテラス大御神 と

   スサノオノ命 との対立

 5.スサノオノ命 の

   ヤマタノオロチ の退治

 6.スサノオノ命 の子孫

   オオクニヌシ神の地上平定

 7.アマテラス大御神の孫

   ニニギノ命の地上の平定


となっています。

中巻、下巻は

実際の日本の天皇のことが書いているらしいです。

上巻の中でも

それぞれの場面で印象的な内容を

別途まとめます

コメント

タイトルとURLをコピーしました