書籍 外科室 (乙女の本棚シリーズ)を読んだ感想

外科室 表紙 書籍

この書籍のタイトル 外科室 は

泉鏡花 さんの 短編小説です

映画化もされているので

結構有名な作品だと思います

ただ、私はこの書籍を読むまで知りませんでした

スポンサーリンク

書籍 外科室 乙女の本棚シリーズ

今回紹介する 外科室 は

明治時代に発表された 泉鏡花 さんの 短編小説で

イラストを ホノジロトヲジ さんが手がけています

この書籍を おすすめする人
  • 日本の昔の考え方を知りたい方
  • 純愛について考えたい方
  • 美しく儚さを感じれるイラストが好きな方

このような方におすすめする書籍です

内容

外科室 の 大まかな内容は、

画家の主人公は、友人の医師の手術を
見学することになった。
患者である夫人が外科室で
麻酔剤を打たれることを徹底的に拒んだ。
それは、麻酔により心に秘めたことことが
うわごとで漏れてしまうことを恐れたため。
夫人は麻酔なしで手術を受けた
痛みに暴れることなく、
手術が進むが途中で・・・・

という内容です

感想

外科室 乙女の本棚シリーズ を読んで

小説部分の感想

書籍の内容は、

画家の主人公がなぜ、

手術の見学に入ったのかは不明でした。

物語の中心の夫人は、

自分の思いが深いあまりに麻酔を拒否する

といった行動になってしまったことは

大きな衝撃だと思います

自分の身切り裂くよりも

心を切り裂かれることを嫌う

夫人の心は、わかったとしても

私には通せないと思いました

イラスト部分の感想

イラストの感想は

  • きれいで影がある
  • 思い出の儚さ
  • 自分の本音を出せないもどかしさ

感じがしました

淡い明るい色使いの場面と

重い暗い色使いの場面が

それぞれに作品に、あっており

作品をより深く感じることができると思います

昔の言葉の表現などが多く

とっつきにくと感じる人がいるかもしれませんが

とても興味深い作品だと思いました

紹介作品 購入リンク

今回の作品・書籍に興味を持たれた方は

下のリンクから購入できますのでどうぞ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました