書籍 山月記 (乙女の本棚シリーズ)を読んだ感想

山月記表紙 書籍

この書籍のタイトル 山月記 は

中島敦 さんの 短編小説です

学校の教科書にも取り上げられている有名な作品です

私が学んだ教科書には載っていなかった(はず)です

スポンサーリンク

書籍 山月記 乙女の本棚シリーズ

今回紹介する 山月記 は

昭和時代に発表された 中島敦 さんの 短編小説で

イラストを ねこ助 さんが手がけています

この書籍を おすすめする人
  • きれいイラストが好きな方
  • 少し怖い感じのイラストが好きな方
  • 中国の昔の話が好きな方
  • 学校の授業を思い出したい方

このような方におすすめする書籍です

内容

山月記 の 大まかな内容は、

若く・才能にあふれ・容姿も優れた主人公が
役人として働いていたが、
俗悪な大官の言いなりになることに耐えられず
詩人として名声を得ようとし役人をやめてしまった
しかし、詩人として成功できず、
妻子を養うため妻子をおいて
地方へ赴き下級役人となったところから
大きく人生が変わってしまい・・・・

という内容です

感想

山月記 乙女の本棚シリーズ を読んで

小説部分の感想

書籍の内容は、

主人公が自分の才能におぼれ

人として成長できなかったことで

思いもしなかった結果となり

それを後悔し、悔やんでいることがわかります

誰でも、弱さを持っており

それをどう克服していくかで

人 として生きていく道が開かれるのだと

考えさせられると思います

イラスト部分の感想

イラストの感想は

  • きれいでいて 優しく
  • 影があり はかない
  • それでいて 力強い

感じがしました

作品の内容とイラストのイメージは

とてもあっていると私は感じました

そして

中華風の絵柄・衣装 と 動物・人物

などのイラスト単体は

個別の作品として飾っておきたくなるぐらい

とても素晴らしいものだと思います

作品は、教科書にも採用されるほどメジャーな内容で

内容を知っている人が多いと思いますが

ねこ助さんのイラストが追加されると

新たな作品として読み直したくなると思います

私は、ねこ助さんのイラストに とにかく惹きつけられます

紹介作品 購入リンク

今回の作品・書籍に興味を持たれた方は

下のリンクから購入できますのでどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました