書籍 文系のためのめっちゃやさしい対数 を読んだ感想

文系の対数 書籍

高校生の子どもが、最近 対数の勉強をしていて

ちょうど この書籍のタイトル

文系のためのめっちゃやさしい対数

が目に入り タイムリーだなーと思い読んでみました

スポンサーリンク

書籍 文系のためのめっちゃやさしい対数

今回紹介する 文系のためのめっちゃやさしい対数 は

山本 昌宏さん(東京大学の先生)が監修されています

この書籍を おすすめする人
  • 子どもと一緒に勉強する予定がある人
  • 高校の時に対数で挫折したが諦めたくない人
  • 仕事で対数の計算が急に必要な人

このような方におすすめする書籍です

スポンサーリンク

書籍(文系のためのめっちゃやさしい対数)の 内容

書籍のテーマの 対数 は

普段の生活であまり見ないと思います

数学の問題を解いたり

資料のグラフなどで、たまに対数グラフを見たり

音の大きさの単位の dBなどで目にする程度かもしれません

対数ってなに?

で結局 対数ってなに?

将来 使うのか?とか思いながら、

高校時代は勉強してると思います

この書籍では、

  • 対数 と 指数 の関係
  • 対数の計算方法、公式
  • 対数を使うといい場面はこんなところ

といったことが、記載されています

前半は

身近な事例を使って

基礎的な内容を説明してくれています

  • 海の深さと暗さの関係
  • 紙を何回折れば月まで届くか

などで

わかりやすく説明してくれています

後半は

公式を使って実際に計算してみて

こんな感じで計算できるんだなと説明してくれています

  • 飛行機の音の大きさ
  • お小遣いを貯めて1億円になるまで

などの例題があります

スポンサーリンク

書籍(文系のためのめっちゃやさしい対数)の 感想

読んで例題も同じように解いてみた感想は

対数は、

特定の用途に かなり使える計算方法だと思えました

  • 桁数の大きな計算を簡潔に行える

これが最大のメリットだと思います

ただし、

数字の小さい桁の部分は、ざっくりの計算になるので

この部分に注意が必要です

私の高校時代に、対数はこのように計算できる
このような場面で活用できるよ って
話しを聞けていたら
もっと対数が好きになっていたかもしれません
(ちょっと大げさかも?)

紹介作品 購入リンク

今回の作品・書籍に興味を持たれた方は

下のリンクから購入できますのでどうぞ

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました